わたし、お金のためならなんでもします


続きから読む

プロローグ

後悔と罪悪

絶望と悪夢