<過払い金って?>
過払い金とは簡単に言うと、債務者が貸金業者に払い過ぎたお金のことを言います。
少し詳しく説明すると、債務者が消費者金融等の貸金業者から利息制限法の利率を越える利息で借入れをしている場合に、利息制限法に引直し計算をした結果出される、本来であれば支払う義務のないお金の事です。

<過払い金発生原理>
どうして過払い金が発生するのか?それは、消費者金融等の貸金業者が定める利率(出資法)と、本来守らなければならない利率(利息制限法)に大きな開きがあるからなんです。
つまり、消費者金融等の貸金業者の大半は出資法の上限利率である29.2%ギリギリで貸付をしています。
それに対し、利息制限法での上限利率は以下の様になっています。
10万円未満
→年20%
10万円以上100万円未満
→年18%
100万円以上
→年15%
なぜ、貸金業者は利息制限法の上限利率を守らないのでしょう?
それは、出資法を超えた利率で貸付けを行うと刑事罰の対象になるのに対し、利息制限法を越えた利率で貸付けを行っても罰せられることがないからです。
結果、出資法ギリギリの利率で貸付けが行われていた場合、それよりも低い利率である利息制限法で引直計算をすると過払い金が発生することがあるのです。

<どの位の取引で過払い金は発生する?>
過払い金が発生しているかどうかを知るには、業者から取引履歴を取り寄せ利息制限法で引直し計算をしてみる必要があります。
過払い金が発生するかどうかは何年以上取引があれば発生するとはっきりとは言えませんが、通常5年以上取引があれば過払い金が発生している可能性があり、7年以上であれば過払い金が発生している可能性が相当高いと思います。
ただし、小口の借入れを頻繁にしている場合などは、取引期間が10年以上あっても過払い金が発生しない事もあります。

<過払い金回収法>
過払い金返還請求を債務者自身で行う事は可能です。
しかし、現実的には自分で過払い金を回収しようと思っても、業者が取引履歴の開示をしてくれなかったり、仮に取引履歴を開示してくれても素直に過払い金を返還してくれない事が多々あります。
そうなると、債務者は民事訴訟する以外に方法はなくなってしまいます。
訴訟するには専門的な知識が必要ですので、弁護士・司法書士に依頼をする方が多いですが、費用が高いのが難点です。(分割でも可能ですが・・)
最近は自分で行うためのマニュアル本などが多数でてきてますので、ご自分で過払い金返還請求される方も増えております。

ご相談は、
借金何でも相談板
にて承ります。
[←TOPへ]